THIS IS LIFE

生かし屋サンチャゴ本江のLIFE DETA BLOG

♯4 STAY MIND -残心‐

11月は様々な事があった1カ月だった。

 

自身が営む、お店の抜本的リニューアルに伴い、全スタッフが自立し、

独立した状態での歩みをはじめた。⁻詳しくは♯3の記事に‐

 

この稼業を初めて個人的に辿り着いた答えは「生かし屋」として生きていくこと。

 

はじめてフリーランスという形に身を置いた事で、活動領域が拡がった事を実感している。結局は自営業者であれ、お勤め人であれ、仕事を行い所帯を賄っていく事においてのリスクは同じなのだな。ならばあれこれ恐れず、私は私が得てきた活かし屋としての芸で飯を今後食って行く為に必要な事を知り、更には研鑽し、自他ともに充実した気持ちに至れるよう勤めていこうと感じた次第。せっかく選んだ『本当にしたかった事』なのだから、残りの若さを賭けて挑戦する値はある。

 

さて、今回は固い書き出しになったが、自身が束縛していたり、

されていた患いを解いた翌日、すっかり忘れていた言葉を思い出した。

 

残心

 

これは武道を行じる方なら、皆一様に大切にしている心構えを表す言葉。

相手と向かい合う前、立ち合いの最中、相手を制した後も心を残し、自身の間合いを崩さぬようにする所作。

 

長年、少林寺拳法を行じた上で、残心の大切さを理解してから格段に心技体が成長した事を覚えている。

 

この心構えを忘れていた事に愕然としたと同時に、自身のLIFEをより充実したものとし、今日一日に起こる様々な出来事や感じる事を精一杯楽しむ為に、この残心という心構えは非常に有効な心の錨となる。

 

いま、自身に起きた事、やろうとしている事、行った事。

これに心を残すよう心掛けた11月だった。

 

簡単そうで難しい。

 

思考は常に、次へ、次へと駒を進めたがるので、食事をしていても、仕事をしていても、風呂に入っていても、酷い時は床についても、これから先の心配事を頭は常に作り出してくる。

 

故に、食事は味気なく只の栄養摂取の手段となり、

仕事はすればするほど心配事と厄介ごとが増えていき、

眠るのも明日の為、風呂に入るのも、歯を磨くのも億劫だが仕方なし。

という塩梅。

 

こんな作業的な営みで、自身のLIFEが充実するはずもない。

 

思考は様々な事を複雑にするが、心は素直に現在起きている事を感じている。

歳を重ねる程に思考が自身をいま、ここから遠ざける。

今日一日はおろか、昨日食べた夕食についても、精一杯働いた仕事に関してももはや

曖昧な記憶で今を過ごしてしまう。

 

食事をするときは、いま食べているもの一つ一つに思いを馳せながら、精一杯味わいながら食し、食後も一服しながら今日の食事という行為に心を残す。

 

もし、人と言い争いをしてしまった時は、都合よく解釈せず、改めて何故そうなってしまったのか。という事に思いを馳せて、心に残す。

 

仕事を行う上で何かがうまくいかなかった時は、あれこれ先の手を考えるのではなく、

何故そのようなミスに(これは繰り返し起きやすい)至ったのか。に思いを馳せて、

その原因に自身の頭と心が納得するまで、心に残す。

 

思考の大半は過去と未来の事を考えているので、

いま、ここで起きている出来事を非常に軽視する傾向がある。

 

真剣を帯に携えて、いまから立ち合いに向かう侍が、昨日や明日の事を考えるだろうか。勝利したとしても、すぐに心を緩めただろうか。

 

現在はスマホが何もかも、実感を伴わない形で人との繋がりであったり様々な情報を与えてくれる。

食事に関しても、人と付き合うことに関してもあらゆる選択肢が簡素化されて用意されている。

複雑に進化し続ける情報化社会の中で、自分の人生だと思っているものの中から、

メディアからもたらされている情報やそれらに使っている時間を引いてみた時、あなたの中に何が残るだろうか?

 

本当の自分ってなんなのだろう?

自分は何処に向かって歩いているのだろう?

なんの為にそれを知ろうとしているのだろう?

 

多分、この単純な問いに答えられなくなっているのが、現代社会を生きる人々から、生きている実感や充実感を奪っているのではないだろうか。

f:id:SanciagoLife:20181201105511j:plain

いま目の前で味わっているものに心を向ける。

一服のお茶に心を残す。自身が発する言葉にも。

 

そうやって、自分が生きている実感を感じられるよう、流されずに生きられるよう、

今一度他所との間合いを計りなおして、前進していこう。

 

応。

#3. GRAND OPEN

f:id:SanciagoLife:20181111110243j:plain

 

本日よりライズエレメントは店舗名称を

 

LIFE整体回復所 ‐Life Recovery Center-

f:id:SanciagoLife:20181111123107j:plain

 

と改めまして、新たにスタート致します。

 

自身のLIFE Detaのログとして始めたこのブログですが、

無意識に劇団四季の二大演目と言っても過言ではない、

ライオンキングとキャッツのFeelを引用して記事を書いておりました。

 

ライオンキングのシンバは様々な体験を通して『本当のわたし』

『自身の資質』に気付いていきます。

 

キャッツに出てくるジェリクルキャッツも同様に、

新しい形で生まれ変わった命こそ、本当の幸せの形なのだと、

ロングランで多くの人にたくさんの感動とメッセ―ジを与えていますね。

 

そんなジェリクルキャッツやシンバから、今回の大変革への勇気を

もらいたかったのかもしれません。

 

さて!

 

本日はGRAND OPENに際しまして、これまでといまからの最大の

変更点をアナウンスさせていただきます。

 

LIFE整体回復所。とした訳ですが、

 

最大の変革点は私自身を含めた、働き方と雇用の見直しです。

 

長年代表や院長としての立場で運営を続けてきましたが、

本日より私自身もLIFEという場所を活用するひとりのセラピストとして

自立致します。20年この稼業をやってきて初めてフリーになります。

それにより、活動のフィールドを拡げ、自身に備わった資質と経験をもって、

様々な提案を開始します。

 

同時に7年間私の右腕でいてくれた梅村先生も独立いたします。

*独立しても一生うちにいるそうです。

彼もまた、彼が積み上げた経験と、類稀なる彼の資質を活かした整体師として

今日から活躍し始めます。

 

そう、

 

LIFE整体回復所は全国初の各種セラピストや、『LIFE』を向上させることができる、

プロフェッショナルを目指す人たちのシェアハウスを目指します。

 

私は母屋の運営母体である株式会社ライズエレメントの代表ではありますので、

責任者は努めますが、私もその環境を活用させてもらう、一人のセラピストとしての

スタンスで活動していきます。

 

LIFEが提案する『整体』は、施術に関わるコンテンツのみの表現ではなく、

なにかしらのLIFEを向上するスキルや提案をもって、訪れてくださる皆さまの

LIFEを整え、回復させ、より充実した生活をエンジョイして頂くことを叶える場。

に育てていきます。

 

f:id:SanciagoLife:20181111113047j:plain

働く人も訪れる人も平等に楽しみ成長できるHOMEのような場所を目指します。

 

◇LIFEが時間をかけてこれから求めるキャストは以下のような方々です。

・開業したいけどお金がない。自信がない。拘束、束縛されたくない。

・以前セラピストをしていた。活かせるキャリアはあるが、働く場所がない。

・本業をもっているが、自身のスキルを活かした活動もしてみたい。

・今勤めている職種は大好きだが、職場に不満がある。

・金沢、北陸での施術会を開きたい方のスポット利用も可能。

・勉強会や塾、ワークショップをしたいけど場所がみつからない。

 

◇LIFEが求めるキャストは整体師、施術家に留まりません。

・整体師、アロマセラピスト、エステティシャン、カウンセラー等の施術家

・Webビルダーや雑貨クラフトを営む方。

・様々なクリエイター、プランナー、デザイナー

 

◇興味はあるが、スキルがない方

・まだご自身がみなさまのLIFEを回復するスキルはないけれど、という方には、

 スクールも運営していますので、ボディケア、カウンセラーになる経験は、

 一から積んで頂けます。

 

◆あくまで私が雇用するのではなく、シェアすることが目的です。

 

f:id:SanciagoLife:20181111114517j:plain

◇LIFEのキャストになるメリット

・17年間。1日として売り上げゼロ、来客ゼロの日を迎える事なく営んできました。

 その核となるサロンワーク。システムの構築方法もキャストの皆様にはシェアします

 

・海外や都心にあるシェアハウス、ドミトリー、リトリートスパのイメージです。

 セラピストやクリエイター、アーティストといった自由業は全て自己責任ですが、

 様々なプロフェッショナル、もしくはそれを目指す人、キャスト側の交流により

 多岐にわたる情報を得られます。

 

・私自身が整体師、ヒーラーとして持つスペックを最大限に開放すること。

・苦しみながら、命令されて働くのではなく、シェアできる場所。

・私の夢を叶える。ではなく皆で皆の夢をかなえられるHOME創り。

 

これがRiseからLIFEへのリブランディング最大の目的なのです。

 

詳細はまた次回。

 

なにはともあれ、1年間時間をかけてこの日を迎えました。

 

カラダとココロとクラシに良いことを始めます。

 

よき風が吹きますように☆

 

Boa Solti

 

サンチャゴ本江

 

rise-e.co.jp

 

#2. OVERTURE -序曲-

f:id:SanciagoLife:20181110144011j:plain

 

-Rise Wellness Chiropractic-

2001年春に大学を卒業し、妻子を抱えて故郷に帰った春。

私が初めて創造した健康を昇華させる場所。Rise。

 

そこから17年と3カ月。

初志の夢は大きく形が変わってしまった。

 

関わってくれた全ての人にありがとう、とは言えないけれど、

Riseを愛してくれた人。そしてなによりここまで私を育ててくれた

この旗印には心の底からありがとう。そしてごめんな。と伝えた。

 

先へ進むことにした。

 

出来る限りの事はした。

万人と心を砕いで向き合った。

きっとたくさんの人たちに新たなきっかけや、

立ち直る機会を与えられもした。

 

これまでの17年と3カ月は消えない。

そして2度と同じ時間を過ごすこともできない。

だけど、このかけがえのない時間が、

明日へのオーヴァーチュア(序曲)であったと信じている。

 

明日から私が叶えたかった夢を乗せたRiseという船は、

『皆の夢』を叶えるLIFEというHOMEに生まれ変わります。

 

This is my LIFE

この言葉に背を向けることなく生きられるように、

明日から私は経営者でも院長でも店長でもない。

ただの生かし屋になります。初めてのMake a Freeにむけて、

 

復活と再生にむけて、ジェリクルの力を借りて、

 

締めくくります〆

 

本当にありがとう。

 

2018年11月10日

-------------------------------------------

 


どんなときでも 遊べるのか


冒険には 挑めるか


夢の中に


天国にも


地獄さえも 友達は?


みすぼらしく やせていても


するどい鼻 きびしい目が


何もかもを 見ぬいている


お前こそが そうジェリクルキャッツ

 

 

 夜明け前に、ナイフで切ってしまえそうな静寂に向かって宣言する。
生まれながら再生を許され、天上の世界で永遠の新しいジェリクルの命を得る猫を...

 

 その者こそは迎えられる、遥かなる天上の世界へ。
驚きに満ちたその世界に昇れるのは、ただ一匹のジェリクル。
それは誰か……〆

 

---------------------劇団四季 キャッツより引用------------------------

 

 

#1. HAKUNA MATATA

f:id:SanciagoLife:20181019173656j:plain

ハクナマタータ

気にすることはないさ。

生きたいように生きればいい。

 

ハクナマタータ

どうにかなるさ。

一生をかけてたのしめばいい。

 

ハクナマタータ

心配ないさ。

全てはひとつの愛からできていて、完全なのだから。

 

LIFE整体回復所‐ライズエレメント‐の店主

サンチャゴ本江(HONGO)です。

 

たくさんの道を疾走って、様々な景色をみてきました。

都道府県、国籍問わず、多くの人を癒してきました。

「いままで」があるから「これから」がある。

 

「いままで」は経験主体。

なんでもやってみた。染まってみたり、飲み込んでみたり、

あまりにこだわらないように。

 

だからこそ、

 

「これから」は、実感主体。

THIS IS MY LIFE!と胸を張って毎日言えるように、

本当にかけがえのないLIFEを大切に憚ることなく、

自身が感じた事を感じたままに、

 

『生かし屋』として生きていく。

 

たくさんのクリスタルにそれぞれの個性があるように、

人それぞれのエネルギーを『いまここ』に調律することがお仕事。

 

だからこのLIFE DETA BLOGは

生きるっていいな。たのしいな。そう感じて頂けるようなログにしていきたい。

 

ハクナマタータ

くよくよしてたらもったいない。

 

誰の胸にもシンバは宿ってるんだ。

 

HAKUNA MATATA

 

この言霊からはじめよう。

 

今日も良き風が吹きますように。

Boa Solti

 

サンチャゴ本江

 

rise-e.co.jp

www.facebook.com